妊娠中に飛行機に乗る場合

目安時間:約 5分

妻の妊娠が判明してから,複数の人に言われたのが

 

「5か月になるまでは特に大事にしてね」

 

という言葉。

 

 

安定期に入るまでは,生活のちょっとした出来事が流産などの

深刻な事態につながるからです。

 

そして,妊娠中に旅行や遠出を計画するときにも,

事前にしっかりと考える必要があります。

 

 

例えば,私たち夫婦は飛行機に乗って遠出する計画を

3回ほど立てていました。

 

1回目は,妊娠5ヶ月をちょっと過ぎたあたり。

2回目は,妊娠8ヶ月。

3回目は,出産してから2か月。

 

 

妊娠5か月を過ぎると安定期に入るので,体に負担が

かからなければ飛行機に乗っても大丈夫です。

 

かかりつけのお医者さんから「安静にしていないとだめ」

と言われていなければ,余裕のある旅程にすることで

飛行機を使った移動や旅行もOKです。

 

 

しかし,8か月を過ぎると,かかりつけのお医者さんに

許可をもらい,航空会社によっては診断書の提出が

求められているなど,することが増えてきます。

 

主なエアラインについて調べてみました。

 

<JAL国内線>

出産予定日28日~8日前までに搭乗するときは,お医者さんの

診断書を提出しなければなりません。

 

JAL公式ホームページ→JAL ママおでかけサポート

 

※JAL国際線の場合は,事前に電話して手続きをする必要があります。

こちらのページが参考になります→JAL国際線に関するQ&A

 

<ANA国内線>

出産予定日28日~8日前までに搭乗するときは,お医者さんの

診断書および本人の同意書を提出しなければなりません。

 

ANA公式ページから書式をダウンロードすることもできます。

 

ANA公式ページ→ANAファミリーらくのりサービス(国内線)

 

 

ついでに,我が家がよく使うスカイマークについても。

 

<スカイマーク>

出産予定日28日~8日前までに搭乗するときは,お医者さんの

診断書を提出しなければなりません。

 

スカイマーク公式ページ→お客様へのお知らせ

 

 

 

どのエアラインを使うにしても,状況によっては予定通り

飛行機に乗れないことも起こりえます。

 

事前にお医者さんや航空会社に問い合わせるなど,

余裕をもって計画しましょう。

 

 

我が家の場合,安定期に入ってからの旅行は実施することに

しましたが,8か月目と生後2か月の旅行はキャンセルしました。

 

 

飛行機に乗るための条件がクリアできても,妊婦さんにとっては

「妊娠中に飛行機に乗る」こと自体が大きな負担になるんです。

 

そして,フライト中に何かがあったときのことも考えると,

飛行機に乗らないことにするのがベストな判断かもしれません。

 

 

やはり,新しい命を預かるわけですから,大切にしないと

いけませんものね^^

 




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
カテゴリー
最近の投稿
リンク集
アーカイブ
タグ
ブログランキング