かまってちゃん。

日記
スポンサーリンク

生後2カ月半を過ぎた娘。

順調に育っていて,感情も少しずつ分かるようになってきました。

今朝気づいたのは,赤ちゃんはとっても寂しがり屋だってこと。

テーブル上の「ピット」(おむつ交換のために作ったスペース)
に寝かせて,私と妻はせっせと家事をしていました。

私は掃除機をかけて,ついでに洗面台が汚れていたので
ブラシとソープでゴシゴシ磨き上げてました。

妻は,洗濯物をたたんで部屋を整理してくれてました。

娘が泣き出してからも,そのまましばらくそばに行かなかったんです。

時間にして10分くらいでしょうか。

ようやく掃除が終わって娘のところに戻ったんですけど

(といっても,すぐそばをうろうろしてたんですけどね・笑)

いや~泣き止まない泣き止まない。

しかも,いつもと鳴き声が違うんです。

おなかが張って痛いのかな?

とも思いましたが,そうでもありません。

しかし,なかなか泣き止まない。

しばらく肩にもたれかける形で抱っこしていたら,

次第に落ち着いてきました。

「ひくっひくっ」

と言いながら,

全身でひしっとしがみついてくる感じ。

そこで,自分が子供だった時を思い出しました。

親に抱っこされて,ひしっとしがみつくときの感覚です。

そうか!娘も同じ気持ちなんだ!!

さみしくて抱っこしてほしかったんだ~

とそこで納得。

背中をトントンしながら,

ゆっさゆっさ体を動かして歩き回り,

かまってちゃんが肩で安心して寝るまで

子守をしたのでした。

ホント,何があっても守るべき存在ですね~,子供って。

コメント