マケドニア回想録(スコピエ)

マケドニア情報
スポンサーリンク

私が初めてマケドニア旧ユーゴスラビア共和国を

訪れたのは2010年の春でした。

 

マケドニアの首都はスコピエという街で,

マケドニア人だけでなく,トルコ人や

アルバニア人も住んでいます。

 

他には,昔ジプシーと呼ばれていたロマも

たくさん住んでいます。

 

 

治安は,はっきり言って良くはありません。

 

なぜなら,マケドニア人とアルバニア人は

犬猿の仲だから。

 

アルバニア人がスコピエ市の人口の

25%を占めていますから,いざこざは

しょっちゅう起きています。

 

あと,大気汚染も最近は深刻になっていますね。

 

ですから,スコピエに住みたいと思ったことは

ありません。

 

 

マケドニアへ飛行機で行くときは

必ずスコピエに行くことになります。

(空港がスコピエにしかない)

 

国際線も乗り入れている立派な国際空港なのですが,

私の地元である福岡空港の方が断然デカいです(笑)。

 

 

それと,スコピエと言えばバスセンターが有名ですね。

 

これは,私が初めてバスセンターに立ち寄ったときの写真です。

 

P1040805

 

 

P1040804

 

 

バスセンターと電車の駅が併設されているんです。

 

 

ついでに駐車場もあるんですが,止まっている

車がけっこうレアものです。

 

中には,19700年代から使われている

ロシアの「ラーダ」という車や,

 

旧ユーゴスラビア共和国時代の車

「ユーゴ」もまだまだ現役。

 

 

 

あと,バスセンターの中にはトイレがあるんですが,

日本と違って有料です。

 

1回あたり10デナリ(20円くらい)を支払って

使うのですが,トイレの中は控えめに言っても

「北無い」です(あえてこの漢字)。

 

 

そんなこんなで,日本とは全く違う

マケドニアを味わう玄関口である

スコピエ。

 

いろんな意味で忘れられない思い出が

たくさんある場所です(笑)。

コメント