妊娠初期症状:眠気

目安時間:約 4分

「眠りづわり」という言葉を,私の親から聞いたことがあります。

 

つわりというと【吐き気】のイメージが強いですが,

妊娠中は強い眠気に襲われることも少なくありません。

 

 

ただ,眠りづわりの出方は人それぞれです。

 

 

妻の場合は,妊娠超初期(6週目あたり)から

 

「とにかく眠い・・・」

 

と言って,ソファーに座っていたら寝落ちすることが

何度もありました(笑)。

 

さらに,独りで買い物に行って帰ってくるときに,

バスや地下鉄で寝落ち(爆)。

 

 

解決策は・・・

 

 

基本的には「眠る」しかなく,夫や周囲の人

(働いているなら職場の人)

の理解を得ることが最善です。

 

 

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化しますから,

眠くなるだけでなく感情や味覚や嗅覚にも

大きな変化が出てきますよね。

 

 

では,眠りづわりはいつごろまで続くのでしょうか?

 

 

これも「いつからいつまで」と決まっているわけではなく

個人差があるので何ともいえません。

 

義理の母に聞いたら「妊娠後期(8ヶ月)に眠気が出た」とのこと。

 

 

とはいえ,本人がぐうたらして眠りたがっているわけではありません。

新しい家族を迎えるために必要なことなんです。

 

 

仕事や家事など,すべきことはたくさんありますが,

人一人の命を預かっていることを考えると,

決して無理しないでくださいね。

 

車の運転中に眠って事故を起こしたりしたら大変ですから。

 

 

どうしても眠ってはいけない場合は,

最低10分の仮眠を取るとか,家や職場の

中を少し歩き回るなどしてみてください。

 

 

そして,家族のサポートがとっても大切になってきます。

できないことはできない,とはっきり伝えましょう(笑)。

 

うちも,眠りづわりがひどいときは,掃除・洗濯・皿洗いなど

私ができることは行うようにしています^^

 

 

だって,夫婦は一心同体・子育ては二人の共同事業ですからね!

 

 

ちなみに

 

眠りづわりがひどいと男の子が生まれ,

ひどい吐き気を催すつわりだと女の子が生まれる

 

なんていう話も聞いたのですが,実際のところはどうなんでしょう。

 

職場の同僚にも聞いてみようと思います(笑)。




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
カテゴリー
最近の投稿
リンク集
アーカイブ
タグ
ブログランキング