妊娠中,腸にガスがたまる理由と対処法

妊娠中に出る症状
スポンサーリンク

妊娠すると便秘になる方がいらっしゃいます。

 

それだけでなく,腸にガスがたまって苦しい思いをする方も。

 

 

その理由を妻が教えてくれました。

 

 

ずばり,プロゲステロンというホルモンの影響です。

 

このホルモン,体をリラックスさせる効果があるそうで,

腸の動きがゆっくりになってしまうのが原因です。

 

食べ物の吸収速度も遅くなりますし,ガスもたまりやすく

なるというわけです。

 

もちろん,妊娠していなくても,人間である以上はガスが

発生します。

 

しかし,妊娠中はホルモンの影響で2倍以上のガスが

発生することがあるんです。

 

 

こればかりは体の仕組みが引き起こしていることなので,

仕方がありませんが,対処法はあります。

 

 

腸内のガスを減らす対処法は・・・

 

・糖分がたくさん入った食べ物を避ける(これが一番大事です)

・炭酸飲料や出来合いのジュースを飲まない

・豆を頻繁に食べすぎないようにする

・食事するときには,食べ物をしっかりかむ

・一度にたくさん食べず,食事の回数を増やして少しずつ食べる

・食事中に,水分を大量に取りすぎない

・タバコを吸わない(当たり前です)

・ゆったりした服を選び,お腹周りを締め付けない

 

 

妻の場合は,ジャガイモを食べるとガスがたまるそうです。

他のケースだと,コーンスターチが原因になる場合もあります。

 

 

便秘や下痢が続くようなら,お医者さんに相談しましょう。

コメント