素粒水シャワーヘッド「ウォーターセラピィー」の口コミ

素粒水とフリーサイエンス情報
スポンサーリンク

我が家では,㈱フリーサイエンスが出している素粒水浄水器

「ワンウォーターECO」と共に,素粒水シャワーヘッド

「ウォーターセラピィー」も使い続けています。

 

今日は,うちがなぜウォーターセラピィーを使い続けているのか

まとめてみますね^^

 

素粒水シャワーヘッド「ウォーターセラピィー」の取り付け

我が家のお風呂場に取り付けたらこんな感じ

 

↓↓

 

Photo-2016-08-14-08-22-38_4408

 

 

ウォーターセラピィー本体には,大抵のシャワーホースに取り付けられるようにするための

アダプタも入っていますから,よっぽど特殊なホースでない限り簡単に付け替えできます。

 

付け替え方法も至って簡単で,既存のシャワーヘッドを反時計回りに回して外し,

ウォーターセラピィーを逆の手順で取り付けるだけ。

 

 

ウォーターセラピィー本体の下側には,水道原水と素粒水とを切り替えられる

レバーがついています

 

↓↓

 

Photo-2016-08-14-08-22-55_4409

 

 

ま,うちは「原水」ではなく,「浄水」にしっぱなしにして使ってますけど(笑)。

 

本体の重さは,水を含んだ状態で300グラムでした

(上の写真の状態から取り外して計ってみた)。

 

高齢の方にはちょっと重く感じるかもしれませんが,普通に使う分には

特に問題になる重さではなさそうです。

ウォーターセラピィーの仕組み

ウォーターセラピィーの中には,フィルタがふたつ入っています。

 

胴体の細長い筒状の部分に,残留塩素を除去するためのフィルタ。

そして,シャワーが出てくる口の部分に,樹脂の粒が入った

フィルタをセットします。

 

この樹脂の中に素粒水のタネ水が含まれており,そこに圧力をかけて

接触させることで素粒水に変化させるんだそうです。

 

細長い筒のフィルタは,交換後の使い道が特にないのでそのまま処分。

 

タネ水が含まれている樹脂フィルタは,トイレタンクの上に置いたり

冷蔵庫の中に入れたりして再利用しています。

ウォーターセラピィーのお値段は?

気になる本体のお値段は2万円ほど。

 

フリーサイエンス製品は一般の量販店では取り扱っていないので,

購入にはネットショップを利用するのが手っ取り早いです。

 

こちらのネットショップで扱ってます→ウォーターセラピィー

 

 

そこいらのお店で売っているシャワーヘッドは何千円かで買えますから

ハッキリ言ってシャワーヘッドとしては高い方です。

 

 

あと,我が家はフィルタの定期交換サービスも利用していますから,

3か月に1回はフィルタ代として税抜き4,500円が銀行口座より引き落とされます。

 

この値段だけ見ると決して安いとは言えませんが,

物の価値を考えるためには少し考え方を変えてみるといいです。

我が家がウォーターセラピィーを使っている理由

我が家がウォーターセラピィーを使っている理由はいくつかあります。

理由①本体交換サービスがあるから

本体価格2万円という値段だけ見ると,確かに高く感じるかもしれませんね。

でも,フリーサイエンス製品にはいくつかの特典が準備されています。

 

例えば,フィルタの定期交換サービスを利用している方に向けては,

2年ごとに本体を無償交換してくれる特典があるんですよ。

 

定期交換サービス利用開始後2年したら,交換の権利が使えます。

電話一本でウォーターセラピィー本体を届けてくれますよ。

送料はこっち持ちですけどね(笑)。

 

 

送料と言っても,800円程度(地域により異なります)と思っていればいいので

べらぼうに高いわけではありません。

 

つまり,定期交換サービスを使い続ける限り,2年ごとに本体を

丸ごと交換できるんです。

 

 

ちなみに,ウォーターセラピィーは,キッチンに取り付ける素粒水浄水器

「ワンウォーターECO」とは違って,フィルタの定期交換サービスへの

申し込みが必須というわけではありません。

 

しかし,このサービスを利用していないと本体交換の特典が利用できないため

うちは迷わず交換サービスを申し込みました。

 

 

フィルタの交換周期は3か月にしています。

3か月ごとに税抜き4,500円かかりますが,

1日当たりの費用に直すと50円ちょっと。

 

 

交換周期は,水道管のサビがひどいとか,大家族で毎日使う量が多いとかいう場合は

2か月とか1か月とかにした方がいいかもしれませんね。

理由②残留塩素を除去した安心な水でシャワーを浴びられるから

あとは,なんといっても残留塩素をしっかり除去した水でシャワーを浴びられること。

 

皮膚から吸収される物質の影響をできる限り減らしたい方には

迷わずおススメしたいですね。

 

 

水はどれも同じに見えますが,中に含まれている物質は異なります。

 

「残留塩素ってそんなに危ないの?」と思う方もいるかもしれませんが,

危ないか危なくないかということではなく,そもそも天然の水には

含まれていないものですよね。

 

 

必要なものはすべて自然界に備わっています。

 

 

塩素が天然の水には含まれていないということは,本来はなくてもいいもの

という考え方もできます。

 

それで,フィルタで簡単に除去できるんなら,そうしておいたほうが

単純にいいんじゃないかなって思うわけです。

 

 

素粒水の効果がピンと来なくても,残留塩素を除去してくれる

シャワーヘッドっていうだけでも使う価値はあると思いますよ。

 

コメント