フリーサイエンスの口コミと我が家なりのレビュー

目安時間:約 11分

大阪にある,株式会社フリーサイエンス。

 

「素粒水」という名前の水を作る浄水器や

シャワーヘッドを販売している会社です。

 

 

我が家では,フリーサイエンスの浄水器と

シャワーヘッドをかれこれ3年以上使ってます。

 

(私が独身時代から使ってるので,

その期間を含めるともっと長い)

 

浄水器は「ワンウォーターECO」,

シャワーヘッドは「ウォーターセラピィー」

という名前が付いています。

 

 

ネット上で「フリーサイエンスの口コミ」を調べると

賛否両論のようですね。

 

 

ま,好きも嫌いも人それぞれですから,

気に入った浄水器やシャワーヘッドを

使えばいいだけの話なんですけど。

 

 

今回は,我が家がなぜフリーサイエンス製品を

使い続けているのかをまとめてみました。

ご参考になれば幸いです。

 

 

なお,浄水器といってもいろんな種類があるので

ここでいう浄水器とは,フリーサイエンスが

提供しているものと同じ「蛇口取り付け型」に

的を絞ってまとめています。

 

我が家がフリーサイエンス製品を使っている理由

うちがなぜフリーサイエンスの浄水器と

シャワーヘッドを使い続けているかっていうと

大きく3つの理由があるからなんです。

<理由1> ろ過流量が他社製品より格段に上だから

蛇口取り付け型の浄水器を買うときに

必ずチェックしてほしいポイントは

「ろ過流量」と「総ろ過量」の二つです。

 

 

「ろ過流量」とは,1分あたりに何リットルの水道水を

ろ過し,残留塩素を除去できるかを示す数字。

 

例えば,ろ過流量が毎分2リットルの浄水器と

ろ過流量が毎分4リットルの浄水器だったら

後者の方が2倍の性能を持つことになりますね。

 

 

なんでこの数字が大事かっていうと,

ろ過流量以上の水を流すと浄水しきれない

ことになるからです。

 

2リットルのペットボトル1本を蛇口の水で

満タンにするのに,どれくらいかかると思いますか。

 

私が実際に試してみたら,およそ30秒でした。

つまり,蛇口の水は毎分4リットル流れる計算になります。

 

 

この蛇口に,毎分2リットルのろ過流量しか持たない

浄水器をつけたらどうなるでしょうね。

 

蛇口からは4リットルの水が勢いよく出てきますが,

浄水器はその半分しかろ過できないわけです。

 

つまり,浄水器を付けてても残留塩素を

ろ過しきれてないってこと。

 

 

市販の浄水器は,大抵の場合ろ過流量が

2リットルとか3リットル程度です。

 

一方,フリーサイエンスの浄水器とシャワーヘッドは

毎分4リットルまでろ過できます。

 

つまり,蛇口全開にしても残留塩素をきちんと

ろ過できる性能が保証されてるってことです。

 

ここが気に入ってるので,我が家では

フリーサイエンス製品を使ってます。

<理由2>総ろ過量が圧倒的に多いから

「ろ過流量」は1分あたりのろ過性能のことでした。

「総ろ過量」は,浄水器フィルターの寿命のことです。

 

フリーサイエンス社の製品は,ワンウォーターECOも

ウォーターセラピィーも,総ろ過量が他社製品より

圧倒的に多いんです。

 

 

具体的には,ワンウォーターECOは2,500リットル,

ウォーターセラピィーは10,000リットルの寿命で

設計されています。

 

フィルターの交換サイクルを3か月(90日)とした場合,

ワンウォーターECOは1日当たり27.7リットル使える計算です。

ウォーターセラピィーは1日当たり111リットル使えることになります。

 

 

これ,すごいことなんですよ。

 

 

だって,大抵の蛇口取り付け型浄水器は

総ろ過量が600リットルとか900リットルとか

しかありませんから。

 

これは,1日当たり10リットルの使用を前提として

フィルターが設計されているからです。

 

毎日10リットル使い,2か月(60日)で600リットル。

3ヶ月(90日)で900リットルっていう感じ。

 

 

独り暮らしならそれくらいの量で間に合うかもしれませんが,

家族がいるとそうはいきません。

 

4人家族だった場合,飲み水以外にも料理用に

何リットルも水を使います。

 

さらに,ペットを飼っている場合はもっと

水の消費量は増えます。

 

 

どうせなら,寿命がたっぷりあるフィルターの

浄水器を使っておいた方が安心ですよね。

<理由3>赤ちゃんにも安心して使えるから

これ,ネット上の口コミではあまり書いてないことなんですが,

フリーサイエンスの浄水器は,もともと赤ちゃんのために

作られたものなんです。

 

 

フリーサイエンスの代表取締役である杉山氏が

「赤ちゃん用ミルクに安心して使える浄水器がない」

ことに気づき,自分で開発したのがきっかけ。

 

海洋深層水をヒントに,布や樹脂の中に

素粒水の元である「タネ水」を含ませる

技術を開発。

 

フィルターに水道水を高い圧力で触れさせることで

残留塩素を除去しつつ,タネ水と同じ水を

作ることに成功しています。

 

 

素粒水の効果を信じる・信じないはここでは

省略しますが,少なくとも蛇口取り付け型浄水器を

家に付けたいときは,浄水器そのものの

ろ過性能をきちんと比較して買うのがベストです。

浄水器と放射線の除去性能

余談ですが,東日本大震災の影響で放射線に対する

不安を持つ方がたくさんいらっしゃいます。

 

一番知りたいのは「浄水器で放射線対策ができるか?」

ですよね。

 

フリーサイエンスに見解を伺ってみたら・・・

 

「本社製品を含め,どの浄水器メーカーも

放射線の除去ができる,ということは言えません」

 

とのことでした。

 

それはそうです。放射線の除去ができるかどうかの

データなんて,どの浄水器販売会社も持ってませんから。

 

 

ではどうするか?

 

 

中には,思い切ってウォーターサーバーを買う人もいます。

 

例えば,富士山のふもとの水を届けてくれる

「マーキュロップ」という会社があります。

 

マーキュロップのホームページはこちらです

 

↓↓

 

日本一の富士山で日本一の採水標高
世界が認めた「富士山の天然水」

 

 

マーキュロップの特長は,関東だけでなく東北地方や東海地方,

関西地方にも配達エリアが拡大されていること。

 

<配達エリア>

・東京都

・埼玉県

・千葉県

・神奈川県

・群馬県

・栃木県

・茨城県

・静岡県

・山梨県

・長野県

・新潟県

・福島県

・山形県

・大阪府

・京都府

・兵庫県

・奈良県

・青森県

 

私が住む福岡県はまだエリア外です。残念。

 

ウォーターサーバーの水と水道水は,

適用される法律が違うので同じように

比較することはできません。

 

(食品衛生法と水道法の違い)

 

それでも,どうしてもウォーターサーバーが欲しい!

という場合には検討してもいいかもしれません。

フリーサイエンス製品はどこで買える?

フリーサイエンスの製品は,一般の量販店では

取り扱っていません。

 

(何年も前に,福岡に本社があった某家電量販店で

取り扱っていましたが,半年の間に6台しか

売れなかったため撤退しています)

 

しかし,幸いにもネットショッピングで購入可能なので,

お手頃であって,赤ちゃんのためにも安心して使える

浄水器を探している方は検討してみたらいいんじゃないでしょうか。

 

 

フリーサイエンス製品はこちらのネットショップで買えます。

フリーサイエンスから認可番号を得た,ちゃんとした代理店です

素粒水グッズ専門店ナデジュ




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
カテゴリー
最近の投稿
リンク集
アーカイブ
タグ
ブログランキング