地震などに備えて防災グッズを自分でそろえる(手回し発電機編)

おすすめアイテムと情報
スポンサーリンク

いつどこで何が起きるか分からないご時世なので,

我が家では防災グッズを自分でそろえてます。

 

 

非常時にぜひ持っておきたいのは,ズバリ「電源」。

 

 

それも,モバイルバッテリーやソーラーバッテリーだけでは足りません。

 

モバイルバッテリーは使い切ったら充電しないといけないですから,

停電が続く場合は使い切ってしまうと役に立たなくなります。

 

ソーラーバッテリーも売られていますが,

発電効率が良くないため充電に時間がかかることと,

いつでも太陽があるところにいれるとも限らないためパス。

 

(もし,建物の中に閉じ込められたら充電できない)

 

 

そんなわけで,アメリカから手回し発電機を取り寄せました。

そのいきさつとレビューをご紹介しますね。

 

防災用品として役立つ手回し発電機 K-Tor 10 Watt hand crank generator

今回,ネットを調べまわって買ったのが,

アメリカのK-Tor社が販売している手回し発電機。

 

アマゾンでも売ってます

 

↓↓

 

 

 

 

お値段は,日本のアマゾンだと1万円越えで,

ちょっと高めですね。

 

それでもこれを買ったのは,大きく3つの理由があります。

K-Tor 10 Watt hand crank generatorを買った理由その1

一つ目の理由は,日本のアマゾンだけでなく,

アメリカのアマゾンのレビューも高評価だったこと。

 

造りもしっかりしていて,非常時に頼れる電源になりえる

っていうことで,値段は高かったですがこれにしました。

 

また,発電能力が10Wあるため,

ノートパソコンを動かすまではいかないものの,

iPadの充電にも対応しているっていうのも決め手でした。

 

(その気になってハンドルをがむしゃらに回せば・・・ですけど)

 

どうせ手回し発電機を買うなら,ある程度出力に余裕がある方がいいですから。

K-Tor 10 Watt hand crank generatorを買った理由その2

二つ目の理由は,「安物買いの銭失い」を避けたかったこと。

 

実は,楽天で売られているQM-051BKという型番の

手回し発電機能付きモバイルバッテリーを買おうと

思っていたのですが

 

↓↓

 

 

 

 

アマゾンのレビューを見てみると,

中の造りがとてもちゃちで,

簡単に壊れてしまいそうだったのでパス。

 

確かに,ハンドルのサイズも小さいので

これでは回しにくいかも。

 

いざというときに使いたいのに,

その時になって壊れてしまったのでは

買う意味がありませんので。

K-Tor 10 Watt hand crank generatorを買った理由その3

3つ目の理由は,アマゾンより安く買えるサイトを見つけたこと。

 

私,たまにeBayという通販サイトを使って買い物をします。

 

サイトすべてが英語なのでちょっと敷居が高いですが,

使いかたはアマゾンとほとんど同じです。

 

アカウントを作って,支払いはPayPalっていう決済システムを使えば

クレジットカードでいつも通り買い物できます。

 

別に急がなくてもよく,アマゾンや楽天より安く買えるものは

eBayもチェックしてみるといいですよー。

 

スマホカバーやケースなんか,

安いものだと送料込みで数百円で買えますから。

 

 

この機会に英語を身に着けてeBayでも

買い物できるようになりたいという方は,

こちらの記事も読んでみてくださいね

 

↓↓

 

過去記事:医師が教える科学的な英語勉強法

 

 

 

で,非常用に必要とはいえ,少しでも安く買いたかった私は

eBayで売られていたK-Tor 10 Watt hand crank generatorを

買うことにしたんです。

 

本体価格は65ドルで,送料が28ドルくらい。

 

買った当時のレートで,合計9,800円ほどでゲットできました。

日本のアマゾンで買うより2,000円ほど安かったです。

 

 

10日ほどでアメリカから無事日本へ到着しました。

アマゾンで買うと数日以内に手に入りますが,

ここは値段とのトレードオフですね。

 

差額の2千円を使えば,他に必要な防災グッズが

たくさん買えますからうれしいです^^

K-Tor 10 Watt hand crank generatorのレビュー

パッケージはこんな感じです。

 

 

photo-2016-10-04-22-03-38_4863

 

 

側面には,説明が英語でしっかり書かれています。

 

photo-2016-10-04-22-03-59_4864

 

 

この面の説明をかいつまんで翻訳すると

 

・重さはペットボトル(おそらく500ml)1本程度で手軽に持ち運べる

 

・電源が確保できないような非常時には必須のアイテム

 

・特許を取得したK-Torの手回し発電機は,人の力を120ボルトの電気に変える

 

・本体は強靭なポリカーボネート製なので,どんな環境でも性能を発揮できる

 

ということが書かれてます。

 

 

別の側面にも説明があります。

「こんな電子機器に使えます」っていうPRですね。

 

photo-2016-10-04-22-04-11_4865

 

 

K-Tor 10 Watt hand crank generatorは,こんなアイテムの充電に使えます。

 

・スマートフォン(iPhoneやアンドロイド,Windowsフォン)や携帯電話やPHS

 

・タブレット(iPadやアンドロイド,アマゾンのKindleもOKと書かれてます)

 

・ゲーム機(SonyのPSPや任天堂のDSもOKと書かれてます)

 

・ビデオ(GoProもOKと書かれてます)

 

・モバイルバッテリー

 

・MP3プレーヤーやボイスレコーダー

 

・デジカメ

 

・ライトやランタン

 

 

外の化粧箱を外すと,本体が収まった箱が出てきます。

K-Torのロゴが誇らしげです。

 

photo-2016-10-04-22-04-29_4866

 

 

早速,箱を開けてみましょう。

 

photo-2016-10-04-22-04-48_4867

 

 

黄色いゴムバンドで本体が固定されています。

 

ハンドル(クランク)の部分には取り扱い説明書が

挟みこまれていました。

 

photo-2016-10-04-22-05-13_4868

 

 

取扱説明書はこんな感じです。

すべて英語ですが,そんなに難しいことは書かれていません。

 

photo-2016-10-04-22-05-39_4869

 

 

大事なところだけ翻訳すると

 

「電子機器を充電するためには,1秒間に2回転以上の速さで回してください」

 

「3~5分回したら(または必要に応じて)手を休めてください」

 

とあります。

 

 

実際に回してみると分かりますが,地味に疲れます(笑)。

 

iPhone程度だったらまだハンドルもそんなに重くありませんが,

iPadやモバイルバッテリーになってくると充電の負荷が大きくなるので

それだけ人力も消費する=回すのに力が要るんですよ。

 

 

ですから,これは電源すべてがなくなったときの最終手段として使い,

モバイルバッテリーと併用するのがベストです。

 

モバイルバッテリーも持っておけば,

バッテリーがなくなったときに

頑張って充電するっていう使い方もできます。

 

そんなわけで,我が家ではモバイルバッテリーも併せて準備していますよ。

 

 

説明書の内側です。

 

photo-2016-10-04-22-05-48_4870

 

 

ゴムバンドの外し方やアダプタの付け方,

ハンドルの回し方が書かれてます。

 

この取扱説明書,普通のペラペラした紙じゃないんです。

 

耐水ペーパーが使われているようで,

水にぬれても安心なように気が配られています。

 

細かいところまでいい仕事してますね(笑)。

なお,本体は安心のアメリカ製です。

 

 

試しに,iPhone6plusにつないで発電してみました。

 

ACアダプタはiPadのものやiPhoneのものがそのまま使えます。

もちろん,問題なく充電できました。

 

photo-2016-10-04-22-17-24_4871

 

 

iPhone6plusの場合,1%充電するのに3分程度回す感じです。

 

充電時間を短くしたいなら,スマホを機内モードに入れて

充電することをお勧めします。

 

機内モードに入れるとスマホの消費電力が減りますから,

それだけ充電にかかる時間を短くできるんです。

 

 

こういうアイテムは使わないに越したことはないのですが,

東日本大震災や熊本地震などを見ていると,

備えをしておかない理由が見つかりません。

 

質の高い手回し発電機をお探しなら,

K-Tor 10 Watt hand crank generatorはおススメの逸品ですよ^^

 

 

我が家でそろえている防災グッズについては

こんな記事も書いています。よろしかったらどうぞ。

(どの記事も新しいページで開きます)

 

過去記事1:地震や災害が起きたときの非常持ち出し品リスト

 

過去記事2:地震などに備えて防災グッズを自分でそろえる(寝袋編)

 

過去記事3:地震などに備えて防災グッズを自分でそろえる(ラジオ編)

 

過去記事4:地震などに備えて防災グッズを自分でそろえる(マット編)

 

過去記事5:地震などに備えて防災グッズを自分でそろえる(女性用品編)

コメント