Yes-No (小田さんツアー「君住む街へ」別府)

オフコース&小田和正
スポンサーリンク

オフコース時代の名曲が数多く披露された
小田和正「君住む街へ」2016ツアー。

 

I LOVE YOUに続き,これまたオフコース時代の

ヒット曲が続きました。

 

Yes-Noです。

 

オリジナル曲は,イントロがG♯mで始まり,

その後Amに半音転調しますよね。

 

1982年の武道館コンサートでは
(それ以前のライブもそうでしたけど)

キーが半音落とされて演奏されています。

 

Gm→G♯mという感じ。

 

 

で,小田さんのソロバージョンは,

イントロからラストまで一貫して

Gmで歌われています。

 

今回のライブもそうでした。

 

ストリングスも交えたアレンジなので

今流の小田さんらしい柔らかく繊細な

音色を楽しめましたよ。

 

 

ちなみに,タイトルのYes-Noは

小田さん自身が

 

「空から舞い降りてきた」

 

と言っておられましたね。

(「風のようにうたが流れていた」DVDより)

 

 

ちょうど,この曲のタイトルを考えていた時

NHKの「若い広場」という番組に出演し,

 

「番組の収録が終わるまでにタイトルを

決めて連絡しないと,レコードジャケットの

印刷が間に合わない」

 

とレコード会社に言われていたんだとか。

 

そこで,紙と鉛筆をもって収録に行き,

暇を見て考えていたそうです(笑)。

 

 

どの曲でもそうですが,小田さんはタイトルに

とてもこだわりを持っておられるようです。

 

 

タイトルを歌詞の中から

抜き出すことはしたくない。

 

歌詞を飛び越えていかなくちゃ

だめなんだ!!

 

 

という気持ちで「冷や汗の賜物」として

空から舞い降りて来たのがYes-Noだった

わけです。

 

Yes-Noに限りませんが,オフコース時代から

歌い続けられている曲は,きっと小田さん自身も

お気に入りなのかなー,なんて思います。

 

 

あと,面白かったのが

「ああ~ 時は~」

のパートでの手拍子です。

 

お決まりの

「タン♪スタタン♪」

という手拍子が起きましたが,

 

小田さん自身はオフコース時代に

この手拍子がかなり気に入らなかった

ようです(笑)。

 

「芸をやらされているお猿さんのような

気持ちになるから」

 

というのがその理由。

 

(これも「風のようにうたが流れていた」で

小田さん自身が語っています)

 

 

そんなわけで,私はふつうに

「タン♪タン♪タン♪タン♪」

と手拍子してました。

 

 

そんなことを思い出しながら聴いていました^^

 

 

「風のようにうたが流れていた」は,小田さん自身が

どんな音楽を好きになりどんな歩みを振り返る形で

収録されたものです。

 

「雨には栄」などの邦楽や「Jane Jane」などの

洋楽も多数演奏されています。

 

もちろん,Yes-Noを含むオフコース時代の曲も

たくさん聴けますよ!

 

 

アマゾンでも買えますし↓

 


 

楽天でも買えます↓

 

 

 

 

私は確かアマゾンで買ったと思います。

もう10年近く前なので忘れましたけど(笑)。

 
小田さんの「君住む街へ」別府のセットリストは

こちらから開けます

 

↓↓

 

小田和正ツアー2016「君住む街へ」in 別府 セットリスト

コメント