妊娠中にチョコレートを食べるのはNG?

目安時間:約 3分

チョコレート。

 

甘くて,食べるとホッとするお菓子なので,私は大好きです^^

 

妻も例外ではなく,私以上に食べていました。

十代のころは,一日に300グラム(!!)を

食べたこともあるツワモノです。

 

 

しかし,妊娠してからはチョコレートを食べる量が激減。

 

一番の理由は,糖分の摂りすぎによる糖尿病回避です。

 

 

チョコレートを食べること自体は,NGではありません。

(もちろん,食べないといけないわけでもありません)

 

しかし,ご存じのとおりチョコレートには砂糖がたくさん

含まれています。

 

砂糖は,少量ならば食べて問題ありませんが,

現代の食品には砂糖や人工甘味料が山ほど

使われています。

 

ペットボトル入りのお水(香付きのもの)にも,

砂糖が入っているくらいです。

 

 

そして,妊娠中の女性はいつにも増して砂糖の摂りすぎに

注意しなくてはなりません。

 

砂糖の摂りすぎは,母体・赤ちゃん共に悪影響が

心配されるからです。

 

 

甘いものがどうしても食べたいときは,

バナナやオレンジやリンゴなどのフルーツを

摂るのがおすすめです。

 

 

フルーツに含まれている糖分は,チョコレートや人工甘味料の

糖分とは質が違いますから,安心して食べることができます。

 

 

妻も,妊娠中はチョコレートも適量を食べつつ,

今まで以上に果物を摂る機会を増やしていました。

 

コストコに行って,バナナ(1.3キロ:7本が198円だった)や

オレンジを大量に買ってきたこともありますよ(笑)。

 

 

チョコレートを食べる前に,成分表示をチェックして

どれくらいの砂糖(炭水化物)が含まれているかを

見る習慣も付きました。

 

こうすると,具体的な砂糖のイメージがつかめます。

 

女性の場合は,砂糖の摂取量を一日当たり25グラム以内に

するのが望ましいとされていますから,これと比べて

考えるのも手ですね。

 

 

甘いものを食べたいときは「野菜や果物に含まれる甘さ」を

求めるように心がけたいですね。




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
カテゴリー
最近の投稿
リンク集
アーカイブ
タグ
ブログランキング