マケドニア流の超節約レシピ

マケドニア情報
スポンサーリンク

我が家のモットーは「シンプルライフ」。

 

どんなにお金があっても「必要なもの以外には使わない」

が基本です(そんなにお金ないけど・笑)。

 

昨日は妻の「どうしても甘いものが食べたい」リクエストで

近くのスーパーまで買い出しに行きました。

 

 

ここ最近,妻は出産間近のストレスからか

甘いものを以前に増して食べるように…。

 

まあ,インスタント食品やスナック菓子を普段は

全然食べないから多少は許してあげましょう(笑)。

 

 

で,スーパーまでは車で行ってもいいのですが

歩いてだって行ける距離。

 

そんなわけで,散歩がてら歩いて行ってきましたよ。

ガソリンの節約にもなりますしね^^

 

 

で,普段はあんまり値引きをしないスーパーなのに

珍しくブルガリアヨーグルトが30%オフ。

 

あら,なんてステキ!!

 

というわけで値引き品を2パックゲットだぜー。

 

 

後は,ここ1か月は食べてないであろう

アイスクリームを買って帰りました。

 

 

晩御飯は何にしようかね~と話し合った結果

妻が作ってくれたのがこちらのマケドニア料理

 

↓↓

 

Photo-2016-09-04-20-59-30_4418

 

 

このレシピは「ピトゥリツィ」と言います。

 

 

作り方はこの上なく簡単で,妻に言わせると

「こんな適当に作れるものはない」ほど。

 

以下,ピトゥリツィについて適当にご説明します。

ピトゥリツィの材料

・小麦粉(300グラムくらい)

・ドライイースト(5グラムくらい)

・塩(小さじ1)

・水(適量)

ピトゥリツィの作り方

(1)小麦粉が「もちくらいの柔らかさになる程度」に

水を加えて混ぜる。

 

(2)ドライイーストを混ぜ,塊全体が発酵して

倍くらいの大きさになるまで待つ

(時間は室温によって変わります)。

 

(3)手にサラダオイルを付け,適当な量をちぎり

丸めてから伸ばす。柔らかいので,丸めた後は

重力で自然に伸びていきます。

 

(4)フライパンにサラダオイルを入れて揚げる。

 

ホントにカンタンに作れてしまうレシピでして

極端に言うと,災害時にだって作れるんじゃないかって

いうくらい簡単にできます。

ピトゥリツィのおいしい食べ方

ピトゥリツィのおいしい食べ方ですが

マケドニアではヨーグルトと一緒に

食べるのが普通なんです。

 

そんなわけで,30%オフで買ってきた

ブルガリアヨーグルトと一緒に

美味しくいただきました(笑)。

 

あとは,砂糖を上から振りかけて食べるのも

おいしいんですね~。

 

私は小さじ1杯弱の砂糖をかけて食べるのが大好き。

砂糖の量としては3~4グラムでしょうか。

 

糖分の摂りすぎは体に良くないと言われていますが

出来合いのお菓子やインスタント食品には

何十グラムもの糖分が入っているのが当たり前なので

自分で作ったものはむしろ糖分の量を調節しやすいです。

 

お財布にも優しくておいしいマケドニア料理ですよ。

コメント