マケドニアの家に必ずあるもの

マケドニア情報
スポンサーリンク

自然豊か,でも経済はガタガタで大変な国マケドニア。

 

どの家にも必ずある設備といったら,

やっぱりオーブンですね。

 

電気オーブンもありますが(マケドニアの電圧は240V),

未だにまきオーブンも主流ですよ。

 

 

これは妻の実家のキッチンにあるオーブンです

 

↓↓

 

oven

 

 

左上のつまみが付いているところからまきを入れます。

 

その下(銀色の四角いのがはめ込まれてるところ)で

空気の量を調整します。

 

さらに,そこを開けると灰がたまるケースがあるので,

定期的に取り出して灰を掃除しないといけません。

 

一番下の大きな引き出しは物入れで,

ここにまきをストックしておきます。

 

 

妻の家は3階建て。

 

その3階に住んでいましたから,

家の裏のガレージからまきを

運び上げるのに一苦労でした。

 

 

まきも2種類あって,火が付きやすいものと

長持ちするものを上手に組み合わせて燃やします。

 

キャンプファイヤーするときのように,

上手に空気の通り道を作るように

木をくべてあげないと火が付きません。

 

私も,最初何回か失敗して木のくべ方を覚えました^^

 

 

オーブンだけでなく,天板は鉄製なので

ここに鍋を置けば煮物もできます。

 

まきオーブンを使うときは,ここでご飯もたきますね。

(マケドニアには「炊飯器」というアイテムはない)

 

 

冬はマイナス15度とか,ひどいときはマイナス20度まで

気温が下がるので,ものを燃やして暖を取るのが一番!

 

あと,まきの方が電気代より安いので維持しやすい

っていう事情もあって,未だに活躍しています。

 

 

オーブンで作るマケドニア料理,すごくおいしいですよ!

 

日本にはここまで大きなオーブンがないので,

仕方なく小さなオーブンレンジでラザニアを

作ってもらっています(笑)。

コメント