妊娠中に飛行機で移動する場合に注意したいこと

目安時間:約 9分

妊娠しても,仕事や家族の事情などで,どうしても飛行機を

使わないといけないことが起こるものです。

 

この記事では,妊婦さんが飛行機に乗る場合に

注意したいことをまとめてみました。

飛行機のチケットを予約する前に

もし,妊娠に特に異常がなければ,飛行機での移動が

深刻な問題になることはありません。

 

しかし,飛行機のチケットを予約する前に,

必ずお医者さんに相談して許可をもらいましょう。

 

 

お医者さんが,飛行機に乗るのが危ないと判断する

場合もあります。

 

例えば,高齢出産だったり,母体になにがしかの

問題がある場合です。

 

そういう場合は,素直にドクターの指示に従いましょう。

 

 

お医者さんからもOKが出たら一安心です。

 

しかし,妊娠初期や妊娠後期にフライトするのは

ハイリスクなので,できるだけ避けましょう。

妊娠中期に飛行機を利用するのがベストです。

 

なぜなら,妊娠初期はつわりがあって辛いもの。

 

安定期に入ると,胎盤が完成していますから,

流産の可能性が下がります。

 

妊娠後期になると,再び飛行機搭乗はハイリスクになります。

思わぬきっかけで緊急出産につながることも考えられるからです。

妊娠中でも快適なフライトにする座席の選び方

無事に飛行機に乗れるようになった場合は,

まずは座席の選び方で一工夫します。

 

飛行機の構造上,最も安定して乗れる座席は

主翼の真横(機体中央)のエリアです。

 

ですから,座席指定ができる場合は,

主翼になるべく近いところを選びましょう。

 

その際,通路にすぐ出られる座席を選んでください。

 

飛行機の大きさにもよりますが,機体中央の

座席列だと4人がけだったりします。

 

他の人に挟まれた状態だと,大きなおなかでは

トイレに立つのも大変です。

 

 

または「バルクヘッド席」を予約することもできます。

 

 

私も,妻に教えてもらうまで知らなかったのですが,

バルクヘッド席とは,客室内にある仕切りに面した

座席のことです。

 

バルクヘッド席は前列にシートがないため,

他の座席よりも足元が広いんです。

 

ちなみに赤ちゃん用のゆりかごは,決まって

バルクヘッド席に設置されています。

フライト中の過ごし方にも一工夫

無事に座席も決まり,いざフライト!

 

・・・の前に,持ち物や服装のチェックをしておきましょう。

 

 

飛行機に乗るときは,もっともリラックスできる

服装と履物を選んでください。

 

ゆったりした服装をしておくことで,

不要なストレスを減らせます。

 

 

シートベルトを締める場合は,今まで通り

おなかの上で締めるのではありません。

 

腰の低い位置でベルトを締めるようにします。

 

 

飛行中は,足がとてもむくみやすくなります。

これを抑えるために,飛行中は靴を脱ぎ,

スリッパをはきましょう。

 

 

フライト時間は,国内線の場合は小一時間から

数時間といったところですが,上空では

地上にいるときよりも足がむくみます。

 

(機内の気圧が地上よりも低いから)

 

 

むくみを減らすために,着圧ソックスを

使うこともできるでしょう。

 

例えばこんなアイテムです

↓↓

 

 

 

また,ときおり足をまっすぐ伸ばすことで

脚がつるのを防ぐ効果も期待できます。

 

こういうときに,バルクヘッド席に座っていると

ありがた~い思いをします(笑)。

 

 

血液の循環を良好に保つことも,妊婦さんにとっては

絶対に必要なことです。

 

要は,エコノミークラス症候群にかからない

工夫をすることです。

 

1時間に1回は席を立ち,機内を軽く歩き回るだけでも

効果があります。

 

座っているときも,足首をくるくる回してから

足を延ばすとリラックスできます。

 

さらに,足の指を曲げ伸ばしするのも効果的です。

 

 

とにかく,フライト中はめんどくさがらずに

脚を動かして血液の循環を良くする努力を

絶やさないでくださいね。

妊娠中のフライトは水分補給が大事!!

エコノミークラス症候群にならないようにするため,

飛行中は,たっぷり水分補給をします。

 

水分と言っても,コーヒー,お茶,ソフトドリンクは控えます。

 

本当に「水」だけを飲むのが一番安心なんです。

 

 

機内サービスで提供されるので,

ついつい飲んでしまうのが

コーヒー,お茶,ソフトドリンク。

 

これらの飲み物は水よりも利尿作用が強いので,

トイレに何度も立たないといけなくなるんです。

 

できるなら,搭乗前からこうした飲み物は

控えておくのが理想的です。

 

 

ちなみに,ジュース類は糖分がたくさん含まれている

場合が多いので,余計に水を飲まないといけなくなります。

 

コーヒーやソフトドリンクが好きな場合は大変かもしれませんが,

安心してフライトを終えるためには犠牲も必要です。

 

 

私たち夫婦はソフトドリンクを飲まない生活に

なれてしまったので,出かけるときは水ばかり

水筒に入れて持って行きます。

 

国内旅行の場合は,お金を払って水を買うのも

なんだかな~って思うので,浄水器で作った

水を持って行っています。

 

うちで使ってる格安浄水器はこちら

↓↓
ワンウォーターECO
出先でも,水道水さえ手に入れば,携帯用の簡易浄水器を

使って残留塩素を除去できます。

 

旅行に行く場合は,この携帯用簡易浄水器も

持参するようにしています

↓↓
スティックウォーター
こうした点に注意して準備しておけば,妊娠中であっても

快適なフライトを楽しめると思います^^




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
カテゴリー
最近の投稿
リンク集
アーカイブ
タグ
ブログランキング