YUPITERUのドライブレコーダーで「画像がいっぱい」

目安時間:約 2分

我が家の愛車:スズキのスイフトに取り付けているのが

YUPITERUのドライブレコーダー「DRY mini1」。

 

取り付けてるっていっても,親が乗っていた車なので

付いていたものをそのまま使ってるだけですが(笑)。

 

メモリーカードがすぐにいっぱいになってしまい,

録画ができないので原因を調べてみました。

 

 

理由は簡単で,マイクロSDカードのフォーマットが必要なんだとか。

それも,2週間に1回はフォーマットしないといけないようです。

 

とりあえず,手持ちの16GBのマイクロSDカードに差し替えて

フォーマットし(親が使っていたのは2GBだった),

様子を見ることにしました。

 

 

大抵の常時録画型ドライブレコーダーは,メモリーがいっぱいになったら

自動で上書きするように初期設定されています。

 

DRY mini1もそうで,「ファイル構成」を「なし」に設定変更すると

上書き禁止になる・・・と取扱説明書に書いてありました。

 

 

車に乗るなら,ドライブレコーダーを取り付けておくのがいいと思います。

 

ちょっと前のニュースで,ドライブレコーダーの映像が証拠になって

青信号で反則切符を切られた・・・という事実が発覚したなんて

報道されていましたしね。

 

もちろん,警察車両が使っているような「証拠資料として公式に認められる」

ものにはならないかもしれませんが,1万円切る価格のものもたくさん

あるので,個人的には使っていて損はないと思います。




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
カテゴリー
最近の投稿
リンク集
アーカイブ
タグ
ブログランキング