自動車税が高くなったワケ

目安時間:約 4分

現在,我が家は2004年式のヴィッツに乗ってます。

 

走行11万キロの時点で買ったのですが,

問題なく走っています。

 

ヴィッツは排気量1.3リットルのエンジンなので,

今年の自動車税は34,500円でした。

 

 

今年までは・・・

 

 

来年からは,なんと10%増しの税額になるんです!!

 

 

どういうことかというと,今年(2016年)の

4月1日より税金のルールが変わったから。

 

新車登録から13年過ぎた車は,ガソリン車やLPG車は

10%増し,ディーゼル車に至っては15%増し

とする法律が施行されたんですね。

 

 

行きつけの車屋さんからヴィッツを買うときに

このことは聞いていました。

 

うちの車は2017年が車検でもあるので

 

「2017年の車検は通さずに,新しい車に

買い替えた方がいいかもよ」

 

とのこと。

 

 

すでに決まったことなので仕方ありませんが,

単純に13年落ちの車だからって特別環境に悪い

ことをしているわけでもなし。

 

これは私の勝手な想像ですが,新車の買い替え需要を

増やすための施策なのかな~。

 

でも,車1台作るためにはおよそ5,000リットルもの

石油を使うので,ホイホイ車を買い替えさせる

方が資源の消費になると思うんですけど・・・。

 

いいものを長く使い続ける方が節約のはずなんですがねぇ。

 

 

マケドニアなんか,その点すばらしいですよ。

 

20年落ちの中古車なんてザラですし,

中には1970年代からの「ラーダ」という

車だってまだまだ走ってますし(笑)。

 

妻の父方の祖父母だって,未だにラーダに乗ってます。

 

その気になれば買い替えだってできるはずなのに,

大事に乗っていることからすると,やっぱり

「いいものを長く使う」のが習慣みたいです。

 

 

妻も

「マケドニアでは,車を買ったら乗れるだけ乗る」

と言ってましたし。

 

日本のように「10万キロ走ったら寿命」とか

「3~4回目の車検で買い替える」とかいう

考え方はありません。

 

 

話がそれましたが,自動車税が上がったのは

仕方ないので,それに合わせて生活を組み立てて

いくことが大切ですね。




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
カテゴリー
最近の投稿
リンク集
アーカイブ
タグ
ブログランキング