タイヤのローテーションをタダで済ませる方法

車とバイク関連情報
スポンサーリンク

車を持っていたら,定期的に行ったほうがいいこと。

 

そのひとつが,タイヤのローテーションです。

 

でも,カーディーラーで作業をお願いすると,
大体2,000円はかかります。

 

(以前乗っていたラパンをディーラーで
ローテーションしたら2,000円かかりました)

 

 

2,000円はバカにならない金額なので,
それ以降は自分でやってます。

そしたらタダになりますからね。

 

 

2,000円あったら,ガソリンを15リットルは給油できます。

家計の節約につながる情報なので

ブログでシェアしますね^^

 

タイヤのローテーションとは

ローテーションとは,前後輪を均等に減らして

まんべんなく使い切るための作業です。

 

 

細かい話は省きますが,タイヤは前輪と後輪で

減り方が違います。

 

最近の車は,ほとんどがFF(前輪駆動)車です。

 

ですから,エンジンの力が直接かかる

前輪の減りが早いんです。

 

 

ローテーションせずに走り続けていると,

いつの間にか前輪の溝がなくなってた・・・

なんてことにもなります。

 

 

かといって,ローテーションの度に2,000円以上

お金をかけるのも,正直もったいない。

 

それなら自分でやってしまおう!

という方向けに記事を書きます。

 

(もちろん,経済的に余裕があれば,

ディーラーとかカーショップで作業

してもらう方が楽ですよ)

ローテーションの頻度と方法

大体ですが,5,000キロごとにローテーションするか,
目視で前輪と後輪の溝の差が明らかになってきたら
ローテーションするのがいいです。

 

 

ローテーションの方法は至ってシンプルです。

 

自分でローテーションする場合は,

車載工具(ジャッキ)とレンチ,

スペアタイヤがあればOKです。

 

 

大抵は,トランクスペースの下に

タイヤやジャッキが入ってます。

 

Photo-2016-05-01-10-15-32_4147

 

 

(あ,最近はスペアタイヤがない車も

ありますから,その場合はこの記事の

方法は使えません。あしからず)

 

あとは,軍手があると作業しやすいですよ。

 

 

私は自宅駐車場で作業するので,

スペアタイヤを使い,タイヤを1つずつ

順繰りに交換していく方法を取っています。

 

作業を始める前に,必ずサイドブレーキを引き,

オートマチック車は「パーキング」に,

マニュアル車は1速かバックギアに入れておきましょう。

 

 

私はいつも,左後輪から作業を開始します。

 

 

(1)ジャッキアップポイントに正しくジャッキをかける。

 

Photo-2016-05-01-10-31-24_4148

 

 

(2)車体が少し浮いたら,レンチでナットを緩める。

 

(3)さらにジャッキを上げ,タイヤを完全に浮かせる。

 

(4)タイヤが浮いたらナットをすべて取り外す。

 

(5)スペアタイヤを装着し,ナットを締めてジャッキを降ろす。

 

Photo-2016-05-01-10-35-29_4149

 

 

(6)外した左後輪を右前輪へ持って行く。

 

(7)上記の(1)から(4)の手順で右前輪を外す。

 

(8)外してきた左後輪を右前輪へ装着する。

 

(9)外した右前輪を右後輪へ持って行く。

 

(10)上記の(1)から(4)の手順で右後輪を外す。

 

(11)外してきた右前輪を右後輪へ装着する。

 

(12)外した右後輪を左前輪へ持って行く。

 

(13)上記の(1)から(4)の手順で左前輪を外す。

 

(14)外してきた右後輪を左前輪へ装着する。

 

(15)外した左前輪を左後輪へ持って行く。

 

(16)上記の(1)から(4)の手順で左後輪(スペアタイヤ)を外す。

 

(17)外してきた左前輪を左後輪へ装着する。

 

 

これはFF(前輪駆動)車の作業例です。

お持ちの車が4駆だったりFR(後輪駆動)車だったり

する場合は,タイヤの入れ替え位置が異なります。

 

このサイトが参考になりますので,

よろしければどうぞ

 

↓↓

 

グッドイヤー ローテーションの仕方

ナットの締め付け方

簡単そうで難しいのが,タイヤを固定するナットの締め付け方。

 

まず,ナットを緩めるときと締めるときには

 

「対角線状に作業する」

 

ことが基本です。

 

Photo-2016-05-01-11-05-02_4150

 

 

締め付ける力(トルク)は,

車の取扱説明書に書いてあります。

 

力任せにナットを締め上げるのは

おススメではないので,

 

こんなアイテムがあるといいかも

 

↓↓

 

 

 

トルク管理ができるクロスレンチ!

 

私,この発想はなかったです(笑)。

 

 

しかし,値段がどうしても張るので,

 

「絶対に自分でローテーションする!!」

 

という場合でないとあまり買う意味は

ないかもしれません。

 

ホイールキャップの外し方

トヨタ車をはじめ,大抵の車のホイールキャップは

単純なはめ込み式です。

 

(ホンダ車は例外で,ナットと一緒に締めこまれてます)

 

はめ込み式のホイールキャップは,

マイナスドライバー1本ですぐに外せます。

 

 

ホイールキャップを外すときは,

無理してこじらないように

気をつけてください。

 

 

大抵のホイールキャップは樹脂製なので,

下手にこじるとヒビを入れてしまいます。

 

 

樹脂の薄いところではなく,厚いところに

ドライバーを差し込んで手前に引くと

外れやすいです。

 

 

また,装着するときは,空気バルブの位置を

先に決めてから一気にはめ込むようにしてください。

 

Photo-2016-05-01-11-07-24_4151

 

 

空気バルブのことを忘れてはめ込んでしまうと,

二度手間になってしまいますから。

 

(経験者は語る・笑)

ローテーションを自分でするメリットとデメリット

ローテーションを自分で行うメリット。

 

それは,なんといっても出費が抑えられること!

 

これに尽きます。

 

 

慣れてしまえば,独りでゆっくり作業しても

30分かからないですよ。

 

 

心配なのはやはり,ナットの締め付け

トルクだと思います。

 

トルクレンチを使うのが一番確実ですが,

成人男性が作業する場合は,締め上げすぎず

キュッと力をかける程度で十分です。

 

そんないい加減な方法ではだめだ!

と思われる場合は,迷わずショップへ

持ち込むことをお勧めします。

 

 

すべては自己責任で行うことなので。

 

 

私はこの10年,自分で何度もローテーションを

してきましたが,タイヤが外れたりねじが

ダメになったりしたことは一度もありません。

 

 

ローテーションを自分で行うデメリットは,

時間とある程度の知識がない方には難しいこと。

 

あと,スペアタイヤがないとダメなこと。

 

最後に,暑い時期にやるとくたびれることです(笑)。

 

 

この記事がどなたかの参考になればうれしいです^^

 

 

 

おもしろ家族ブログを探したい場合は

こちらのブログランキングからどうぞ

 

↓↓

 

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

コメント