妻が流した涙(その2)。

日記
スポンサーリンク

今朝,妻がまた涙を流しました。

 

今回は,妻だけでなく私も涙が出てきました。

 

 

そのわけは・・・

 

 

娘が初めて私たちの呼びかけに返事をしたからです!!

 

 

今までも

 

「あぅ」「わぅ」

 

という声は出していました。

 

 

でも,今朝は違ったんです。

 

 

妻が,娘の大好きなテディさんを振りながら話しかけていたら,

 

娘が何度も呼びかけに返事をしたんです。

 

 

返事といっても,まだ意味のある発音じゃありませんでした。

 

でも,妻の声かけへのレスポンスであったことは間違いないです。

 

 

しかもラッキーなことに,私も一緒にいるときに娘が反応してくれたので,

 

我が家の優秀なビデオカメラでもあるiPhoneでバッチリ撮影できました。

 

 

子育てで心身共に疲れている妻をいやすには,

 

十分すぎるほどの出来事でした。

 

私もついつい,涙を押さえられませんでした。

 

 

妻はそのビデオを今日だけで「100回観た」と言ってます(笑)。

 

今も一緒に観返していたのですが,やっぱり涙が出てきますね~。

 

 

こんなことでも,寝不足や腱鞘炎や腰の痛みがどっかいっちゃうくらい

 

幸せになれるので,子供を持つってホントに素晴らしいことだな~と

 

改めてうれしくなりましたよ。

 

 

そして,近いうちに出産でお世話になった病院へ行って,

 

娘を見てもらおうって夫婦で話しています。

 

 

助産師さんって,妻が言うには「普通に考えうる中で一番神聖な仕事」です。

 

貴重な命をこの世に生み出すお手伝いをする。

 

こんなに崇高なお仕事ってそうそうないんじゃないでしょうかね。

 

 

しかも,娘が生まれるときにお世話になった助産師さんは,

 

たまたまですが妻と同い年の方でした。

 

 

とっても小柄な女の子でしたが,芯はしっかりしているオーラが

 

素晴らしい助産師さんですね。

 

 

ぜひ,会いに行ってお礼を言いたいです。

 

「こんな素敵な娘を産むのを助けてくれて,本当にありがとう!」って。

コメント