リオオリンピックをサポートしているユキさんのお話。

日記
スポンサーリンク

私,在宅ワークをちょいちょいやっている関係で,世界のあちこちの方と

お知り合いになるチャンスがあります。

 

ブラジルに10年以上住んでいるユキさんもその一人。

現地ではそろばん教室なんかもされていたようですね。

 

 

英語もポルトガル語も堪能で,明るく快活な性格の彼女は,

2016年のリオオリンピックにボランティアスタッフとして

参加するため,自費でリオまで出掛けています。

 

それも1か月も!

 

宿泊費やリオまでの交通費と滞在費は,ぜーんぶ自分持ちというから

本当のボランティアですね!

 

 

で,ユキさんがなにをやってるかというと,スタジアムでの会場整理や案内。

 

「チケットの席案内なんかやってますよ~」・・・と,ここまではいいのですが

その次に教えてくれたのが軽くビックリ!

 

「あと,酔っ払いに注意なんかも」

 

???

 

と思って理由を聞いてみたら。

 

 

「サッカーの場合,みんな競技場に来る前に飲んできます。ははは。

 

それで,チーム同士でけんかしないようにして,ボランティアスタッフで

手に負えないときは,あちこちにいてくれる警察にお願いしますよ。

 

今回は軍隊や騎馬隊も,マラカナンスタジアム付近ではよく見かけますね。

警備があついので頼もしいです」

 

 

だそうです。

 

 

いや~テレビでは聞けないリアルな裏話だ。

 

 

ちなみに,ユキさんは1回分のフリー入場券をもらったそうですが,

ちょうどその日はボランティアの仕事?があるので,見に行けそうに

ないんですって。もったいない。

 

 

オリンピックスタジアムメンバーの写真を送ってきてくれたのですが

数え切れないほどの人数が写っていました!

 

「すごい人数ですね!!」とユキさんに言ったら

「いや,これでも100人ほど来てないそうです」だって。

 

思うように人が集まってなくても,どうにかオリンピックは進んでいます。

 

プールの水が突然緑色に変わったり,報道陣のバスのガラスが割れて

けが人が出たり,いろんなアクシデントもあってますが,

できるだけ無事に終わってほしいですね!

コメント